hongura 長崎の 車&バイクチーム

整備士付きのチームのブログです。主に日々の整備日記を書いています。 メンバー募集中,何のきまりやルールも無い、世界一緩~いチームです。楽~にバイク、車を楽しみたい方、いらっしゃい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NS1に 中華バッテリー取り付け レビュー

バッテリーレスになっているNSー1に取り付ける為と他の車両用に
格安の中華バッテリーを購入してみました。
20120715_224241.jpg

全部で、送料込みで5000円位でした。 安いです!
小さいバッテリーは既に希硫酸が入れられているみたいです。
まぁ 国産品のユアサとかも小さい物は希硫酸入れてから販売なんですけどね、
長期保存が効くので、出来ればすべて別体で希硫酸が欲しかったです。

取り付け前に電圧を測定したんですが、どちらも13v前後でひとまずは合格です。

以外にいけるかと思ったんですが、しかしそこは中華クオリティー
ターミナルのボルトを仮組してみると問題が発覚しました。

20120715_224318.jpg

取り付けボルトが底付きして2mmほど浮いちゃってます。
これは端子次第では、しっかり固定できずよろしくないです。

しかもボルトが入る穴も小さくすんなり入ってくれません!
少し穴を拡張しました。

取り付けボルトも糸ノコで適度な長さにカットし、ダイスを通しました。
20120715_224204.jpg

ここまでやってやっと普通に取り付けができます。
しかしこの程度の仕上げでは内部もあんまり信頼できません。
ある日突然爆発するかもしれませんね……
シート下には余り取り付けたくありません
運転中にシートが爆発したら目も当てられません

本当は自分は国産品が大好きです。
誇りをもって製品を仕上げる日本人の仕事には尊敬すらおぼえます。
しかし今回は自分の車両ですし、実験的に取り付けてみました。
何より安いですしね。
どの程度持つのか、使用中に損傷がないか、今後しっかりレビューいたします。

さて一段落着いたところで、売却を考えているSRX600を整備いたします。
軽く洗車し、エンジンを始動しようとしたところ キックが降りません。
「あっ! オーバーフローしてシリンダー内部にガソリン溜まってロックしてんだな」
と思いプラグを抜いてもキックが降りません。
無理に押しがけしたり、キックをムリクリ蹴っても まず良いことはないので、
素直にキックギア回りをチャックしました。
DSC_0076.jpg

う~ん、特に欠けていたり、異物を噛みこんでいたりはしてないみたいです。
工具をクランクエンドに掛けて回そうとしても動かないです。
これはヘッドを開けた方がよさそうです。
エンジンを掛けていない期間は 半年も無いんですがロックしちゃう事もあるんですね。
社外マフラーなので、水抜穴も無いので湿気が入ったのかもしれません。
カーボンによる固着も考えられます。
人様に売る物ですので、完璧にしあげます。
明日はSRXです。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/16(月) 00:09:56|
  2. 消耗品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。