hongura 長崎の 車&バイクチーム

整備士付きのチームのブログです。主に日々の整備日記を書いています。 メンバー募集中,何のきまりやルールも無い、世界一緩~いチームです。楽~にバイク、車を楽しみたい方、いらっしゃい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

srx600エンジン下ろしと部品 保管方法


〈honguraは長崎の整備ガレージ付きのバイクチームです。
会員募集中! 質問はコメント欄にどうぞ〉


今日はSRX600の冬眠のためエンジンを下ろします。
前回シリンダーまで外していたので結構楽です。
さて、腰下にゴミが入らないようにウエスを挟みます、
まぁ どっち道、全バラ前提なので入っても構わないのですけどね

オイルタンクが邪魔なので外します。
オイルタンクは真ん中で分割できるようになってますが、
割ると、ガスケットを新品にしないといけないので、
そのまま外します。
ちょっと窮屈ですが、上手いこと邪魔なステーなどがボルト止めで
取れるようになっており、工夫するとそのまま取れます。

さすがヤマハです!! こういう所大好きです。
自分の愛車のスズキのgsxーr1100とは大違いです!
見習ってほしいですね~

特にgsxーr1100の後期型の純正キャブ回りの脱着は大変です。
どこにも毛ほどの傷もつけずに外すのは至難の業です。
フューエルホースも取り回しを間違うとガソリンいかないし
キャブも銅パイプが凄く折れやすいです。
まぁ 好きですし、段々慣れたんですけどね。

それでもやっぱり整備しやすいバイクは、弄りやすいのでやっぱり楽です。
キャブセッティングだって試せば試すほど、楽しいですしね。



DSC_0091.jpg
取り外した部品は段ボールなどに、ボルト共々わかりやすく保管しておきます。
パーツリストのページ毎に分けると凄く楽です。
何が足りないのか一目瞭然ですし、注文時や組み立て時などサクサクすすみます。
単純なことですが作業のミスも減りますよ。

こんな感じで工具や機材などもしっかり分ければいいのですが、
収納スペースが足りない事と性格もあり整備中はどうしても散らかります。
写真で見返すと散らかっててお恥ずかしい限りです。
今後の課題ですね。

20120725_165336.jpg
きちんと給油し、組み付け時に戸惑わないように
分解した順番を思い出しながら密閉し保管します。

保管方法をきっちりしておくと組み付ける時も楽しいですよ。
ちなみに部品の清掃は組つけ時にします。
(測定が必要な所は先にします)


DSC_0094.jpg
あとは簡単ですね。
ハーネス、ホース、マウントを外しながら片側のダウンチューブを外し
下ろすだけです。
(まぁ 自分は最初ハーネス外すの忘れてましたが)

一人だと腰下だけでも結構重いです。
せっかくのビックシングルなんでもっと軽く作って欲しいですね
ボアアップして社外キャブ付けて丁度いいバイクではないでしょうか、
適度に過激なバイクは楽しいですよね。
純正でもルックスは抜群なんですがね。


それとエンジンを下ろした車両をサイドスタンドで置いとく時は、
外したダウンチューブなどは必ず組み直してください。

強化メンバーが抜けた状態でフレームを長期間置いていたり
ましてや跨いだり、動かす際に変に力をかけるとフレームが歪みます。
二輪車のフレームはそこまで精密な物では無いのですが、
やっぱり最善の作業を心掛けたいです。

自分も整備初めたてのぺーぺーの頃、エンジン下ろしたドリーム50に
跨がり怒られました。

エンジン下ろした車両をみると、どの程度軽いのか跨がりたくなりますが、
そういう場面に出会っても我慢しましょう。
ではまた今度
スポンサーサイト
  1. 2012/07/25(水) 18:00:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクの整備についての自分の考えと楽しみ方

〈honguraは整備ガレージ付きの長崎のバイクチームです。
会員募集中、質問はコメント欄にどうぞ〉

自作のルアーで釣りをするのが楽しくて
中々整備が進みませんでした、
せめてブログの更新だけでもしときます。

さて今回は中古車の整備の重要さについて
書きたいと思います。
ただ多分に自分の考えが入りますので話半分で
見ていただくとありがたいです。

さて、オートバイを新車や中古車で購入したとします。
すぐに乗り出しても、中々異常は感じませんよね
それどころか、なにが異常で、なにが正常か分からない、
というのが、普通だと思います。

普通に止まって走れば正常だと判断してしまいがちです
というのもオートバイの構造を理解していない限りは、
自分が乗ったことのある車両との比較でしか判断できないからです。

新車だから正常か、というとそうでもなく、
トルクの掛けすぎでステアリング、スイングアームがガチガチだったり
放置が長くて、販売する前からキャブレターOHが必要だったり、
(新車のキャブ車も減りましたが)
オイルが少ない、多いやそもそも入っていなかったり
エンジンの中から輪ゴムが出てきたことも有りましたね、

自分が思うに、そこらのバイク屋で
中古車を何台も乗り継いでも、実際の所
全ての車両の性能、個性を大体でしか楽しめていない
と思います。

結局、何が言いたいかと言うと、100%完調のバイクに乗っている
バイク乗りは、凄く少ないと言うことです。
モチロン、自分も100%完調なバイクは
予算の都合上、乗ったことありません。

100%の定義も曖昧ですが、自分がよく走る通勤する道路や
峠をオートバイの全ての作動部が不具合なく作動し、
何よりも気持ちよく走れる事、ですかね… (まだ曖昧ですね)

そもそも完調でも、峠では最高で、
街乗り最悪な車両もありますけどね……

まとめると、
自分の大好きなバイクですら
100%の性能を出した本来の姿を知らずに、
おまけにその100%を出していないことすらも
気づかないって凄くつまらなくないでしょうか?

何事も「(自分自身、理解していない事)知らない事を、知っている」
って凄く重要だと思うんです。
だからブログでも車体の構造、整備の重要さ、楽しさを発信していければなぁ
と思っております。

何よりも、自分の車両の悪いところを見つけ出し、
手間を掛けて(お金も掛けて)整備、カスタムして
走って味わう事ってメチャクチャ楽しいですよ。

前にも書きましたが武士が愛刀をジックリ磨きあげている様な
感じです!

とまぁ、色々、小難しい事を書きましたが、
あくまでも、こんなバイクの楽しみ方も有りますよ。ってことです。
バイクの楽しみかたの1つに過ぎません。

やっぱりバイクは走ってなんぼです。
梅雨もあけたことですし、皆さん走りましょう!
この夏はNS1かgsxーr1100で大村市の黒木渓谷に
よく出没しますので、暇だったら話かけてください。
ちなみに超遅いので煽らないでくださいね
ヘタクソですから…








  1. 2012/07/24(火) 11:11:59|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SRX600 キャブレターOH

〈honguraは長崎の整備ガレージ付きのバイクチームです。
会員募集中です。ルールなどは何にもないので気になる方はコメント欄にどうぞ〉

さて前回書いた、冬眠をさせる為キャブレターをOHいたします。
昨日脱着したのですぐに作業にかかれます。
20120716_210453.jpg
不圧式と強制開閉式のキャブレターが
並んだ珍しいキャブレターです。
左右非対称でカッコイイです。
いつか外観もブラストかけて綺麗にしたいですね
その内このキャブレターも研究し、軽いモデファイをしたいです。
キャブ内のガソリンを抜いていた事もありかなり綺麗です。
廃車登録してからもマメに手をいれていたのが効いてます。
それだけに前回のシリンダーの錆びがショックです…
くよくよしても仕方がないのでキビキビ作業を進めます。

あくまでも私の主観ですが、
実はキャブレターOHという奴は中々奥が深く、
完璧にこなすのは、何年も整備していないと難しいと
おもいます。 キャブレターに関わる知識、経験、想像力
を身につけるのは本当に大変です。

まあ 全部品交換で、本体のみ清掃だったら楽勝ですが、
中古の消耗部品の可否を見極めたり、
キャブレターを理解し正しい方向にセッティングや、
カスタムするのもこれまた物凄く大変です。
… ちょっと偉そうに書いてしまいましたね。
私もキャブレターに凄く詳しい方がいらっしゃるなら
教えを乞いたいぐらいです。

さてSRXのキャブレターですが
フロートバルブが整備しやすい物でした。
20120716_210517.jpg
後ろの可動部が分解できるタイプのものでした。
これなら固着しても簡単に修正できそうです。
毎回清掃すれば気付きにくい、
少しだけ動きが鈍くなっていたりして、
オーバーフローしやすい状況も防げますね。

今回はキャブレターOH のみでした。
綺麗だったので特にすることも無かったです。
やはりキャブガスを抜くことは大事ですね。

ではまた
  1. 2012/07/17(火) 23:45:15|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SRX600 キックがおりない! & SRX里親募集

〈honguraは長崎県の整備ガレージ付きのバイクチームです。
会費もルールも何もありません。入りたい方は、コメント欄にどうぞ〉

今日は昨日の続きでキックがおりないSRXの整備です。
ちょっと散らかっているマイガレージです。
20120716_210428.jpg
収納スペースが決定的に足りないため、
片付けたくても片付けられないんです!

もし、バイクチームの方が何人か出来たら
真剣に収納の拡張を考えなければいけませんね

SRXですが、前日に腰下に異常が無いことを確認したので
シリンダーの固着を考えてキャブクリーナーを、
シリンダー内に入れていました。

しかしどうやってもクランクが回りません……
しょうがなくシリンダーヘッドを外そうとしたのですが、
クランクが回らないためカムスプロケットが外れず
カムチェーンとカムシャフトを外せません!
うーん、参りました。 カムチェーンを切って外すしかありません…
しかしカムチェーンを切断すると腰下も開けての全てのOHを
しなければならず安価での販売が難しくなります
20120716_210357.jpg
しょうがないので、カムチェーンを切断しました。
なかなかカムチェーンを切断する機会もないので
ピンの磨耗がないかジックリ観察したのですが
全く磨耗していませんでした。
どうやら15000km前後じゃ磨耗はしないみたいですね。

やっとヘッドを外してみるとやっぱりシリンダーが錆びています。
ピストンを直接押したんですがびくともしません。
シリンダーを抜こうとしてもくっついてくるのは
目にみえているのでクランクセパレーターにて
ピストン中心を押しました。
20120716_210316.jpg

押す直前に切断したカムチェーンがエンジン内にまだ残っている事に
気付き、噛み混んだら大変なので上から釣りました。

20120716_210251.jpg

これで準備万端と、ピストンを押し始めるとあっけなく
2mmほど押した時点で、スルッと固着が外れました。
20120716_210223.jpg

やはりピストン、シリンダーともに上部だけですがうっすら錆びてます
う~ん これではボーリングしてオーバーサイズの
ピストンを入れた方がいいですね。

現状ではお金が無いので取り敢えず油浸けにして
冬眠させるしかないですね…

しかし半年程の放置でここまでになるとは思いませんでした…
シャシ回りはグリスアップを欠かさなかったため少しショックです

このままではヤフオクでの販売は難しいので、
どなたかブログをご覧の方、現状で安めで買ってくれないでしょうか?
私のガレージで一緒に協力して組み上げて結構ですし、
私だけで組んでもいいです。
モチロン工賃は無料です。
部品代を、多めにざっくり出すとシャシもきっちり仕上げて
ボアアップ、エンジン全OHで15万~
位でしょうか?
乗り出し25万前後で機関良好ボアアップしたキビキビ走るSRXが出来ますね。
まぁ そこそこ安い値段です、興味ある方はコメント欄にどうぞ
ご自分で、好みにバイクを組み上げるのもなかなか楽しいですよ~
何だか武士が愛刀を磨きあげている感覚ですよ~

ではまた!

  1. 2012/07/16(月) 22:34:06|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NS1に 中華バッテリー取り付け レビュー

バッテリーレスになっているNSー1に取り付ける為と他の車両用に
格安の中華バッテリーを購入してみました。
20120715_224241.jpg

全部で、送料込みで5000円位でした。 安いです!
小さいバッテリーは既に希硫酸が入れられているみたいです。
まぁ 国産品のユアサとかも小さい物は希硫酸入れてから販売なんですけどね、
長期保存が効くので、出来ればすべて別体で希硫酸が欲しかったです。

取り付け前に電圧を測定したんですが、どちらも13v前後でひとまずは合格です。

以外にいけるかと思ったんですが、しかしそこは中華クオリティー
ターミナルのボルトを仮組してみると問題が発覚しました。

20120715_224318.jpg

取り付けボルトが底付きして2mmほど浮いちゃってます。
これは端子次第では、しっかり固定できずよろしくないです。

しかもボルトが入る穴も小さくすんなり入ってくれません!
少し穴を拡張しました。

取り付けボルトも糸ノコで適度な長さにカットし、ダイスを通しました。
20120715_224204.jpg

ここまでやってやっと普通に取り付けができます。
しかしこの程度の仕上げでは内部もあんまり信頼できません。
ある日突然爆発するかもしれませんね……
シート下には余り取り付けたくありません
運転中にシートが爆発したら目も当てられません

本当は自分は国産品が大好きです。
誇りをもって製品を仕上げる日本人の仕事には尊敬すらおぼえます。
しかし今回は自分の車両ですし、実験的に取り付けてみました。
何より安いですしね。
どの程度持つのか、使用中に損傷がないか、今後しっかりレビューいたします。

さて一段落着いたところで、売却を考えているSRX600を整備いたします。
軽く洗車し、エンジンを始動しようとしたところ キックが降りません。
「あっ! オーバーフローしてシリンダー内部にガソリン溜まってロックしてんだな」
と思いプラグを抜いてもキックが降りません。
無理に押しがけしたり、キックをムリクリ蹴っても まず良いことはないので、
素直にキックギア回りをチャックしました。
DSC_0076.jpg

う~ん、特に欠けていたり、異物を噛みこんでいたりはしてないみたいです。
工具をクランクエンドに掛けて回そうとしても動かないです。
これはヘッドを開けた方がよさそうです。
エンジンを掛けていない期間は 半年も無いんですがロックしちゃう事もあるんですね。
社外マフラーなので、水抜穴も無いので湿気が入ったのかもしれません。
カーボンによる固着も考えられます。
人様に売る物ですので、完璧にしあげます。
明日はSRXです。
  1. 2012/07/16(月) 00:09:56|
  2. 消耗品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。