hongura 長崎の 車&バイクチーム

整備士付きのチームのブログです。主に日々の整備日記を書いています。 メンバー募集中,何のきまりやルールも無い、世界一緩~いチームです。楽~にバイク、車を楽しみたい方、いらっしゃい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GSXR1100M Fブレーキ オーバーホール

〈honguraは長崎の整備ピット、整備士付きの
バイクチームです。 もちろんお金は一切
かかりません。質問はコメント欄にどうぞ〉

不快な某国油圧プレスの修理も終わりやっと
GSXR1100の整備に移れます。
しみじみと国産の製品の素晴らしさを
感じながらの作業です。
全部品にキッチリとした仕事が感じられて
凄く楽しいです。


新品のブレーキピストン、シール類を用意しました
ちなみに新品のブレーキピストンは最初から
製造時の僅かな傷が入っていましたので
修正しました。
純正指定の量産品なのでしょうがないですね

これがもし高性能を謳っている社外の
ブレーキだったらまともな物が来るまで
何度でも返品いたします。

高いお金を払うなら製品の品質への要求も
高くなってしまうのも当然です。
高い金額に見合うアフターパーツを作るのは
きっと凄く大変だと思います。
よく考えられた純正パーツを
更に越えないといけません

あと新品部品の検品も凄く大事な作業です。
以外に不良品混ざっていますよ。


さて純正のnissinの異形4ポットキャリパーです。
おお~ 少しムラがありますが
中までキッチリ硬質のアルマイトが
掛けられてます。


それと以前のオーナーがブレーキフルードを
ちゃんと交換されていた事も
あってかなり綺麗です。
DSC_0103.jpg

しかしシールの溝に少し引っ掻き傷がありますね…
以前整備された方がシールを外す時に
傷つけたのでしょう。
バイク屋で整備して貰うのも一種のギャンブルです。
以前のオーナーが整備されていたところは
おそらくバイクの量販店だと思われます。
工賃も安い所なのでしょうがないですが…
本来こんな整備されたらキャリパー交換ものです。
これが削り出しのモノブロックキャリパーだったら
と思うとゾッとしますね。

そのままでは、僅かに性能に影響しそうなので
2000番のペーパーでアルマイトが剥げない
程度まで慣らします。
DSC_0104.jpg

最初は手でやっていたのですが、
シール溝に合わせて紙ヤスリをカットして
爪楊枝の背で動かしました。
かなりいい感じです。
その後ピカールも掛けました。
DSC_0105.jpg

その後ピストン、シール類に
ラバーグリスをうす~く塗って
変にコジったりせず慎重に組み付けます。

組み付けのグリスは人それぞれの違いがありますが
シリコングリスよりラバーグリスで、
極力薄めに塗った方がいいと思います。

ブレーキの外側の修働面にはすべてパッドグリスを薄く
塗ります。(ライニング以外)
必要ならパッド裏面も平面を出します。
パッドのプレートのサイドとパッドスプリングにも
忘れずに塗っておきます。

ここまでやったら後は車両に組み付けて、
左右のピストンをもみだしします。
極力同時に出るように何回もやります。

自分でキッチリ組んだブレーキは楽しいですよ。
街乗りのちょっとしたブレーキ操作も楽しくなります。
是非とも皆さんもやってみてください。
初めてで、もし分からなければお手伝いいたしますよ
重要保安部品ですのでキッチリやる必要がありますので

では次回は、倒立フォークのOH です。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/10(金) 10:15:09|
  2. 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GSXR1100M キャブレター 軽いオーバーフロー 修理 | ホーム | 某国製 油圧プレス 分解 修理>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hongura.blog.fc2.com/tb.php/10-594788fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。